いきものがかり・吉岡聖恵、自身の半生を初告白したフォトエッセイを発売

延べ20時間にわたるリモートインタビューと丸2日間の撮影を経て、全188ページに及ぶボリュームのフォトエッセイに。


 

■タイトルに込められた思い

タイトルの『KIYOEnOTE -キヨエノオト-』は、吉岡のアイディアによるもの。

子供の頃から欠かさずノートに日記をつけてきた彼女の「私の日記 (ノート)をめくるような感覚で読んでほしい」という思いと、歌を愛する吉岡らしく「聖恵の音」とも読めるようにという思いが込められている。


関連記事:河北麻友子、一般男性との結婚発表 ペアルックコーデも「素敵」と好評

 

■ファンクラブ限定の特別仕様版も

また、いきものがかりオフィシャルファンクラブ(1年2組・いきもば)会員のみが購入できる『KIYOEnOTE – キヨエノオト-(超デラックス版)』も制作。スタンダード版にもう一冊を加えたスペシャルケース付きの特別仕様だという。

超デラックス版は、本日15日17時から期間限定で、各オフィシャルファンクラブにて受注販売を実施。スタンダード版は、全国書店ならびにオンライン書店にて4月中旬より発売予定だ。

・合わせて読みたい→『24時間テレビ』堀ちえみが生歌唱へ 「舌が失くなっても何とか歌える」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

この記事の画像(1枚)