ライオンズ期待の若獅子・ブランドン 、気になる肩のコンディションは?

肩を痛めていた期待の若獅子・ブランドンが守備練習に復帰。シートノック前にはキャッチボールを行うなど順調な回復ぶりを見せていたが…

埼玉西武ライオンズ・タイシンガー・ブランドン大河

第4クール1日目に突入している埼玉西武ライオンズの春季キャンプ。

15日はメイングラウンドでシートノック、ケースバッティングが行われ、右肩の張りでスローイングを回避していたドラフト6位ルーキー、タイシンガー・ブランドン大河内野手が再び元気な姿を見せた。



 

■レギュラー陣そろい踏み

埼玉西武ライオンズ

強風が吹き荒れたこの日の宮崎・南郷。

各選手が守備位置についてノックを受けるシートノックには、キャッチャーに森友哉捕手、セカンドに外崎修汰内野手、ショートに源田壮亮内野手、レフトに栗山巧外野手、センターに金子侑司外野手、ライトに木村文紀外野手とチームを引っ張るレギュラー選手陣がそろい踏みし、安定感ある守備を披露していた。


関連記事:プロ野球春季キャンプが一斉スタート 各球団とも新型コロナ対策を徹底

 

■ブランドンも守備に復帰

埼玉西武ライオンズ・タイシンガー・ブランドン大河

問題はファースト、サードのポジションだ。

ベテラン中村剛也内野手が左ふくらはぎ違和感のため別メニュー調整、昨年足を痛めた山川穂高内野手も2軍で調整中を続けている。

そのためこの日は、ファーストに熊代聖人外野手、サードに山田遥楓内野手、そして当初守備練習がないと見られていたブランドン内野手もサードの守備に付いていた。

次ページ
■肩の状況は上向き?