女教師が授業中に股間触る自撮り 小2女児が「先生がヘン」と親に告げ逮捕

いかがわしい行為と同時に撮影された約13秒間の動画は、スナップチャットを通じて現在も拡散中だ。

社会

2021/02/16 07:00

女性教師
(alexeyrumyantsev/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

視線を遮る机もないイスに座った女の非常勤講師は、児童の目の前で堂々といかがわしい動きを始めた。変態としか言いようがない女の話題を、米国のメディア『CBS 46』『Fox5 Atlanta』などが伝えている。



 

 

■人気者だった非常勤講師

米国・ジョージア州のキャロル郡のジョーンズボロという町にある、マウント・ザイオン小学校。ここで今月5日、アメリア・マリー・レスラーという30歳の女の非常勤講師が、児童性的虐待の容疑で逮捕された。

明るい性格と楽しい授業で人気があり、指導力も評価を得ていたにもかかわらず、児童の目の前でいかがわしい行為を働いていたのだ。


関連記事:ベテラン女教師がマスク着用を徹底指導 逆らう生徒4人の顔に消毒液を噴射し逮捕

 

■子供たちに緊張と不快感

2年生19名のクラスを指導していたレスラー容疑者は、課題を出すと児童のすぐ近くのイスに座り、自分の股間にそっと手を入れた。

奇妙な動きをしながらスマートフォンで自撮りする様子は、7~8歳の子供たちを不快、不安にさせ、「緊張で目が離せなくなり、勉強どころではなくなった」などと話す子もいたという。

次ページ
■激怒するPTA

この記事の画像(2枚)