太田光、海外文化を受け入れた日本文化に持論 「外国に習うこと何ひとつない」

爆笑問題・太田光が「日本の良さ」について持論を展開して…

テレビ

2021/02/18 08:15

太田光

17日深夜放送『はなつまみ』(テレビ朝日系)で、爆笑問題・太田光が日本の魅力を熱弁。「海外の文化を受け入れて自分達の文化を築き上げてきた」と力説した。



 

◼多様性が浸透

人間には個性・特性があり、その違いを互いに認め合い、活かしながら社会を発展させていく「多様性」という考えかたが日本でも浸透している昨今。

「多様性・自由を押し付けられている」との話題から、日本の多様性について太田が口を開く。


関連記事:爆問・太田光、自分の番組を観ない理由を熱弁 「ショックがデカすぎる」

 

◼他国の文化を取り込む

太田と講談師・神田伯山は短期間の海外旅行程度では価値観は変わらないとしながらも、「海外で生活すれば改めて日本の良さを理解できる」と共感し合っていた。

そこから多様性の話題に移ると、「食文化でもなんでも、こんなに(海外の文化を)自分達の文化に取り込んでいる国はない。外国人は多様性、多様性って言うけど学ぶことなんてひとつもない」と太田が持論を展開していく。

この太田の主張にファーストサマーウイカも追従、「日本は価値観を押し付けられて、それを受け入れたから多様性を持った」と分析する。

次ページ
◼外国人に学ぶことはない?