ミッツに届いた”怪文書” まさかの送り主に視聴者が総ツッコミ

ミッツ・マングローブは、自身の元に謎の“怪文書”が届いたと報告。その差出人に視聴者からはツッコミが相次いだ。

テレビ

2021/02/20 04:30

ミッツ・マングローブ
(写真提供:JP News)

タレントのミッツ・マングローブが、19日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。ミッツの元に届いた「怪文書」の送り主に、視聴者からツッコミが寄せられている。



 

■番組宛に怪しい手紙

この日の番組では、「荷物転送バイト」を装った詐欺について特集。これを受け、番組MC・原田龍二が「詐欺も複雑化して怖いということなんですが、怖いといえばMXにもですね、怪しいお手紙が届いたらしいんですよ…」と語り出す。

すると、ミッツは「噂には聞いてます。触ると呪いがかかるとか言われてるやつですよね」と続け、番組宛に届いた手紙を紹介。そこには、タレント・松本明子が、ソロキャンパー向けに軽キャンピングカーの貸し出し事業を始めたことを宣伝する内容が書かれていた。


関連記事:EXIT兼近、アイデア出した曲が広瀬香美のアルバムに収録決定 印税を心配も

 

■ミッツにも怪文書が

どうやらミッツの元には、同じ内容の文書がメールで届いていたらしく、「この葉書とかメールが怖いんですよ、お正月の三が日から届くんですから。最初、怪文書だと思いましたもん」とコメントした。

手紙やメールの紹介を受けて、松本は「コロナの関係でキャンパーが増えてるんですけど、若い人たちからすると交通費、ホテル代って結構お金がかかるんですよね。だから全部まとめてお得にできないかと思って始めちゃいました」と起業意図を説明している。


■視聴者からはツッコミ相次ぐ

またミッツは、松本から名刺をもらったそうだが、肩書に「代表取締役(アイドル歌手としてデビュー)」と書かれていたらしく、「その並びが意味わからないのよ。情緒不安定なのかと思っちゃった」とツッコミを入れていた。

今回の放送に対し、ツイッター上では「送り主、松本明子かよ!」「怪文書っていうから普通に怖いのを想像しちゃったわ」「自分で宣伝メール送ってるんだな、営業精神がすごいわ」といった視聴者からのツッコミが多数寄せられていた。

・合わせて読みたい→伊勢谷被告が大麻入手先を黙秘 ミッツの推測に「マジで週刊誌なみ」の声も

(文/しらべぇ編集部・北田力也