ファイザー社の新型コロナワクチンは「マイナス25℃保管でOK」 公式サイトで報告

マイナス80〜同60度での輸送や保管が必要とされてきたファイザー社の新型コロナウイルス・ワクチン。だが、その条件が緩和されそうだ。

社会

2021/02/20 14:30

新型コロナウイルスワクチン・注射
(Chaz Bharj/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

超冷凍での輸送や保管など、特別慎重な扱いが求められるとして、日本でもその整備に時間がかかっていたファイザー社の「mRNAワクチンBNT162b2」。

ところが19 日、同社は「そこまでの超冷凍保存は必要ないことがわかった」と公式ホームページに発表した。世界中の関心が集まっている。



 

■マイナス80〜60℃が理想だったが…

ファイザー社による新型コロナウイルス・ワクチン候補のmRNAワクチンは、その性質上、輸送中も保管もマイナス80〜60℃の範囲で効果が保たれるとされてきた。

しかし、ファイザー社および共同開発にあたったビオンテック(BioNTech)社は、このほど米・食品医薬品局(FDA)に新たな報告書を提出。

その内容は、『PFIZER AND BIONTECH SUBMIT COVID-19 VACCINE STABILITY DATA AT STANDARD FREEZER TEMPERATURE TO THE U.S. FDA』とのタイトルで、ファイザー社の公式ホームページにも19日付で示されている。


関連記事:『とくダネ』コロナワクチンの副作用を特集 小倉智昭は「率先して受けたい」

 

■モデルナ・ワクチンとほぼ互角か

ワクチンを摂氏マイナス25~15℃で保管した場合、安定した効果を維持できるのか研究を続けていたというファイザー社。その結果、最大で2週間効果を維持できることがわかったという。

超冷凍で保管という条件に縛られない、モデルナ社の新型コロナ・ワクチン「mRNA-1273」のほうが扱いやすいという声が多かったことは否めず、保温条件の緩和を目指した調査・研究は同社にとっても重要な課題だったようだ。

次ページ
■流通に関する不安も解消か

この記事の画像(1枚)