14歳少女が電車に飛び込み自殺 残された日記に「どうか動揺しないで」

家族の前では、明るく振る舞っていたという少女。しかし実際には、大きな悩みやストレスを抱え込んでいたようだ。

社会

2021/02/22 10:00

駅・電車・プラットフォーム・少女
(Sasha_Suzi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

身近な人の死、そして陰湿ないじめ。様々な出来事に揺れていた思春期の少女が、自ら命を絶ってしまうまでの経緯を、『Metro』などが伝えている。



 

 

■パーティ後の悲劇

2019年3月2日のこと、英国・マンチェスターで暮らしていた14歳の少女が、あるパーティに参加した。しかしその途中で激しく落ち込み、いきなり泣き出してしまったという。

「ここにはもういたくない」「自殺してしまいたい」などと話し参加者を驚かせた少女は、「ママに迎えに来てもらうから」と言い残し、その場を後にした。だが、その後に少女が向かったのは駅。少女は午後10時少し前に電車に飛び込み、短い人生を終えた。


関連記事:テレビの見過ぎを継母に叱られ動揺 思春期の少年が突然の自殺

 

■少女が残した日記

少女の死後に発見された日記には、自殺したいという少女の暗い願望が記されていた。

その一方で「どうか動揺しないでほしいの」「私はもともとここにはいない人間だった。みんなには、そう思ってほしいわ」とも書いていたことから、遺される人がどんなに悲しむかを考え、心配していたようだ。

次ページ
■親戚の自殺やいじめも要因か

この記事の画像(1枚)