コンビニ弁当の上げ底検証『ファミリーマート 炒飯&だし唐揚弁当』

コンビニ弁当の容器の上げ底を検証するこの企画。今回はファミリーマートの新発売『炒飯&だし唐揚弁当』を検証した。

グルメ

2021/02/22 06:30


 

■容器には若干の傾斜が…

炒飯&だし唐揚弁当

少し傾けたアングルだが、チャーハン、唐揚げが入っていた箇所が若干傾いているように見える。

炒飯&だし唐揚弁当

チャーハンが入っていた箇所を寄るとこのような感じ。中央から端にいくにつれて若干、傾斜になっているのがわかるだろうか。

炒飯&だし唐揚弁当

唐揚げが入っていた箇所も同様に傾斜。もしかすると、中央を高く見せるためのテクニックということだろうか。


関連記事:コンビニ弁当底上げ検証『ローソン 串カツ田中監修 カツ盛合せ弁当』

 

■検証結果は「上げ底は若干あり」

炒飯&だし唐揚弁当

容器の裏を見ると、中央だけが凹んでいるのがわかる。若干ではあるが「上げ底」を確認できた。

普通の胃袋の記者からすればかなりの量で、上げ底をする必要は正直まったく感じられない。おそらく、少ない量を多く見せるというよりも、消費者に手に取ってもらいやすくするようにキレイに見せる目的だろう。大盛りのチャーハンと唐揚げを食べたい人は安心して手に取ってほしい。

しらべぇ編集部では今後も、さまざまな弁当の「上げ底」を検証していく。また、その他の検証記事は「コンビニ弁当上げ底検証」で配信しているため、チェックしてほしい。

・合わせて読みたい→コメダ珈琲、フライドポテトがさすがのクオリティ マックのポテトと比較すると…

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事の画像(9枚)