愛が本物か確かめ合いたいカップル 3か月も手錠でつながる「試練」に挑戦

恋愛から婚約に関係を一歩進展させるとき、誰もが「後悔しないか」と考えてしまうもの。自分たちの愛が本物かを知りたがるカップルは、多いのではないだろうか。

話題

2021/02/23 15:30


 

■家事も入浴もトイレも一緒

主に使えるのは、それぞれの片手だけ。当然ながら家事、飲食、入浴もトイレも一緒だ。そんな不自由な生活にどれほど耐えられるか、協力し合えるか、相手を思いやれるかなど、3ヶ月後にはいろいろなことが判明するだろう。

その前にギブアップした場合は、特別な切削工具を用いて鎖を切断することになり、自分たちで行うのは難しいという。


関連記事:丸山桂里奈、夫婦でDa−iCEのPVに出演 バージンロードで予想外の展開に…

 

■結婚相手に求めるものとは…

しらべぇ編集部が全国の10~60代の恋愛経験者1,735名に調査を実施したところ、結婚相手を選ぶ際に「顔より優しさを重視する」と答えたのは全体の77.2%だった。

最も割合の低い20代男性でも67.0%が、そして人生経験を積んだ50~60代女性に至っては8割超が、「顔より優しさが大事」と答えている。

結婚するなら顔より優しい人が良いと思う人の割合

思いやりのある優しい伴侶は、人生の宝物だ。まずは人間性、欲を言えばルックスもそこそこな人が良い、そんな感覚で相手を探せば、幸せになれるのではないだろうか。

・合わせて読みたい→健常者の美女と重度身体障害者の男性が結婚 「金目当て」批判に負けず注目の夫婦に

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日 
対象:全国10代~60代の恋愛経験者1,735名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)