玉川徹氏も「面倒くさい」 『モーニングショー』紹介のマスクマナーに批判殺到

ビジネスに適したマスクや取り扱いを紹介した『モーニングショー』に批判相次ぐ

テレビ

2021/02/23 13:45


 

■玉川徹氏が異論

このマスクマナーに終始不満を見せたのが、コメンテーターの玉川徹氏。「これ全部○だよ。マスクすることが大事なんであって、柄とかは関係ないよ」「一番のマナーは人に移さない、自分が移らないってことが最大のマナー」「面倒くさいよ」と全否定とも思える発言を行う。

羽鳥は当初「それは大前提」と玉川氏の苦言に反論していたものの、「どんなマスクを着けたいですか?」と聞かれると、「私はもう白ですよ、玉川さんが言ってくれたけど、面倒くさい」と玉川氏の論理に同調。その他の出演者も否定的だった。


関連記事:玉川徹氏、二階幹事長の“鼻出しマスク会見”を指摘 ネットで反響

 

■視聴者も違和感

紹介された「マスクマナー」に、「勝手にマナーを作らないでほしい」「1人のビジネス講師の論理を公共の電波で流さないで」「これが常識になったら本当に面倒」と批判の声が上がる。

また、柄付きのマスクを着用することが多い河野太郎行政改革担当大臣も、自身のツイッターで「ヤメレ」と苦言を呈す。そしてバッサリと斬った玉川氏には「本当に面倒臭いと思う」「よく言ってくれた」と、賛同する視聴者が続出した。

『モーニングショー』が紹介したマスクマナーはあくまでも鈴木氏の提言。意見が分かれる分野の線引きを、既成事実化されたマナーとして取り上げようとしたことに、出演者や視聴者は違和感を覚えたようだ。

・合わせて読みたい→『徹子の部屋』羽鳥慎一、会話を遮って放った一言に視聴者「さすが」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治