大阪市のセルフスタンドで灯油とガソリンを誤販売 詳細を消防に聞いた

大阪市のセルフスタンドでハイオクガソリンと灯油を誤って販売。その具体的内容とは…

話題

2021/02/23 17:35

ガソリン引火時・石油ストーブ
(写真提供:製品評価技術基盤機構(nite))

大阪市危機管理室は、浪速区のセルフガソリンスタンドで「ハイオクガソリンと灯油を間違って販売した」と公表。ハイオクガソリンが混入した灯油をストーブなどに利用すると、異常燃焼し、火災発生の危険性がある。



 

■地下タンクに誤って補給

大阪市消防局によると、誤販売が起きたのは浪速区桜川3丁目の「Dr.Drive桜川店」。灯油とハイオクガソリンをタンクローリーから、地下貯蔵タンクへ補給作業を行った際、灯油とハイオクガソリンをそれぞれ誤って補給。そのまま気付かずに販売してしまったという。


関連記事:セルフスタンドでは監視員が許可しないと給油できない? 業界大手に真相を直撃

 

■購入者は至急連絡を

その販売が行われた時間帯は、2月22日(月)午後9時00分頃~2月23日(火)午前3時30分頃まで。ハイオクガソリンの混入疑いのある灯油は3件販売されている。内訳は22日午後9時19分に5.48リットル、同日午後11時09分に23.81リットル、23日午前1時35分に16.98リットルだ。

灯油の混入疑いのあるハイオクガソリンは、7件計298.63リットルで内訳は調査中。購入者は購入先のスタンドまたは06-6641-0119(浪速消防署)等に連絡するように呼びかけている。

次ページ
■誤給油で過去に火災が発生