空飛ぶ自動車「ザ・トランジション」を米運輸当局2部門が承認 来年にも販売か

ますます人気の電気自動車。そして今は、オートパイロット搭載車にも大きな注目が集まっている。これらに続くビックニュースは…? 

話題

2021/02/24 11:30

空・車
(Apriori1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

次世代の車で、「自動運転車とどちらが先に公道デビューを果たすか」と注目を集めていたのが、いわゆる空飛ぶ自動車だ。その開発を進めてきた米国のテラフージア社が、大きな前進があったことをこのほど公式ホームページで報告した。



 

■開発は2006年から

2006年、米国のテラフージア社(本拠地:マサチューセッツ州ウォーバーン)が開発を始めた“空飛ぶ自動車”の「ザ・トランジション(The Transition)」。

同社はこのほど公式ホームページで、米連邦航空局(FAA)と米国家幹線道路交通安全局(NHTSA)により、1月下旬に「安全基準を満たしている」という証明書が発行されたことを発表した。80日間の飛行実験を無事終え、提出された150件の文書で信頼を勝ち得たとしている。


関連記事:ハワイ・オアフ島でUFO目撃談が相次ぐ 「青白い光がゆらゆらと…」

 

■翼をたためば自動車

テラフージア社によるザ・トランジションは、翼を2つに折りたたむことで自動車として利用することができ、アメリカの一般家庭のガレージにも格納できるサイズだ。

HPで示されたデータシートによれば、その際の最高時速は161km。ガソリンタンクの最大容量は76リットルで、燃料は一般的な自動車用のレギュラーガソリン(オクタン価91程度)で良いという。

次ページ
■2人乗りの飛行機に

この記事の画像(1枚)