小学校で広がる「あだ名禁止」 近藤春菜の的確なコメントが反響呼ぶ

いじめ防止の目的で、「あだ名を禁止」する小学校が増えているという。この問題に関する、ハリセンボン・近藤春菜のコメントに多くの反響が

テレビ

2021/02/24 12:50


 

■あだ名禁止に近藤春菜は…

小学校での「あだ名禁止」について、近藤は「あだ名を禁止にすることによって、いじめがなくなるみたいなことではないと思う」とコメント。

続けて、「表面的に(いじめが)見えなくなるだけで、裏で嫌なあだ名で呼ばれていたら意味が全くない」「あだ名を禁止にしないで、呼ばれているあだ名が『嫌だ』っていうことを、ちゃんと訴えられる学校というか、そういう場であってほしい」と訴えた。


関連記事:SKE48・須田亜香里、小林麻耶騒動へのコメントが炎上 いじめ問題への過剰反応も

 

■的確なコメントに「卒業」惜しむ声も

表面的に「あだ名を禁止する」のではなく、いじめ防止のためには根本的な部分に目を向けるべき…という近藤の言葉には、視聴者からも反響が。

インターネット上では「あだ名禁止は春菜さんの言う通り、表面化しないだけになりそうな気もする」「何でもかんでも禁止にするんじゃなくて、嫌なら嫌と言える環境作りを大人が作らないとだよね」といった投稿が目立つ。

中には、「春菜さんは、いつも的確で自分の言葉でコメントをしている…3月で卒業するの寂しい…あだ名の話はうんうん頷きまくったよ」と、近藤の番組卒業を惜しむ声も見受けられた。

・合わせて読みたい→『スッキリ』近藤春菜、熱中症対策を提案 「コロナ的に…」と疑問の声も

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)