タイガー・ウッズ、自動車事故で両足首を粉砕骨折 後遺症や骨髄炎の不安も

車を大破させる横転事故を起こした、タイガー・ウッズ選手。スポーツ選手にとって肝心要の足首に、ひどい損傷を受けていることがわかった。

スポーツ

2021/02/24 16:15

タイガー・ウッズ
(Czgur/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

プロゴルフのタイガー・ウッズ選手(45)が、ロサンゼルス市近郊で現地の23日朝に車を大破させる横転事故を起こした件で、気になる続報が飛び込んできた。手術はすでに終了しているが、もっとも深刻なのは足首に受けたダメージだという。



 

■中央分離帯などに次々と激突

タイガー・ウッズ選手が起こした事故の状況について、かなり明らかになってきた。

ロサンゼルス郡保安官事務所のアレックス・ビラヌエヴァ氏によれば、ハンドル操作を誤ったウッズ選手の車は、最初に中央分離帯に接触し、車線を横切るようにして縁石に乗り上げ、木に衝突。そのはずみで何度か横転した後、道路からかなり逸れた地点で止まったという。

どれくらいのスピードが出ていたのかは明らかにされていないが、ブレーキを踏んだ形跡はなく、シートベルトを着用し、エアバッグが作動したことだけが幸いだったという。


関連記事:バドミントン・桃田賢斗選手が新型コロナ感染 「つくづく運がない」と惜しむ声も

 

■手術は終了

現地の記者会見でも、タイガー・ウッズ選手が負った足のダメージについて、たくさんの質問が飛び交った。ウッズ選手の体を引き出す作業のは難航し、フロントガラスを割り、そこから体を引きあげたという情報もある。

その後、左右両脚に単純骨折ではなく複雑骨折を負ったウッズ選手は、深刻な外傷の治療ではトップレベルのハーバー・UCLAメディカルセンターに運び込まれた。すでに手術は終了している。

次ページ
■押しつぶされ砕けた足首