セブンのチキンカツサンドが衝撃ボリューム 限界寸前の量に思わず感動した

「ハリボテサンドイッチ」で物議を醸したセブン-イレブン。今週のサンドイッチを検証してみたら…

グルメ

2021/02/25 05:00

チキンカツサンド

セブン-イレブン(以下、セブン)は2月23日から、北海道、東北、茨城県、栃木県、首都圏、北陸、東海、近畿、中国、四国で『チキンカツサンド』(税込334円)を販売開始。

昨年、具材たっぷりに見える断面図とは裏腹に後方部分に具がない…という「ハリボテ騒動」が話題になったセブンだが、はたして今週は…。


画像をもっと見る

 

■とにかくカツが分厚い!

チキンカツサンド

まず注目したいのが、衣を合わせると2cmはあるだろうチキンカツの分厚さ。柔らかくジューシーな食感で、ソースとの相性も最高。マヨネーズで和えたキャベツが入っているのも嬉しい。このボリュームで税込334円なのは嬉しいぞ。

味、そしてコスパも最高なことが判明した『チキンカツサンド』。さて、半分に割って中身をチェックしてみよう。


関連記事:セブンイレブンの新作サンドイッチ 具材は「ハリボテ」なのか検証したら…

 

■思わず驚くボリューム

チキンカツサンド

これは…めちゃめちゃボリュームがあるじゃないですか!

これまで、カツ系サンドイッチをいくつも検証してきたが、ボリュームだけでいえば過去イチといっていいレベルだ。驚きを通り越して、少し感動すらおぼえた。

チキンカツサンド

ズームしてみると、あらためてその量に驚かされる。

チキンカツサンド

パンのラインにぴったりと沿っていることから、かなり計算されて作られているのだろう。『とんかつサンド』ではこのようなことはなかったため、もしかするとチキンカツならではのものなのかもしれない。

予想を遥かに上回るボリュームにびっくりした『チキンカツサンド』だが、セブンといえば「片方だけハリボテ」というケースが何度もあったため、まだ油断はできない。もう片方のサンドイッチはどうなっているのかチェックしてみよう。

次ページ
■気になるもう片方の中身は…

この記事の画像(7枚)