ノンスタ石田、記念写真の背後で相方がまさかの行動に 「なんという…」

テレビ収録後、誕生日を祝ってもらったというNON STYLE・石田明。彼の背後をアップにすると、そこには…


 

■井上イジりにコンビ愛を感じる読者

ヘッドホンをしているため、写真撮影している状況に気が付かなかった可能性も考えられるが、ブログのコメント欄にも「ビックリした。井上さんいるやん」「井上さん、何やってんのー(笑)?!」「スタッフさんじゃなくて相方の井上さんか~い」などツッコミが。

「それをイジる石田さんもっと面白い」「いいコンビだぁ~」とのコメントも寄せられており、井上をイジった石田にコンビ愛を感じているファンも。


関連記事:ノンスタ石田、妻からの誕生日祝福にツッコミ 「写真に注目です」

 

■鈍感を自覚する人は多い?

ブログのタイトルでも「凄まじい鈍感力」として、井上の鈍感さをイジった石田。ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,798名を対象に調査を実施したところ、全体の57.0%が「自分は鈍感なところがあると思う」と回答。

性年代別に見ると、20代女性の割合がもっとも高く、66.7%という結果に。

自分は鈍感なところがあると思う性年代別グラフ

過去にも、井上が暗い表情でうつむいた写真に「大丈夫かな」と心配する様子を見せつつ、最後には満面の笑みを浮かべた自身の写真を添えるなど、ブログで井上をイジってきた石田。

コンビ愛が垣間見える投稿の数々に、毎回、ファンも歓喜しているようだ。

・合わせて読みたい→渡部建の会見を厳しく批判した東尾理子 覚悟を決めたコメントに驚きの声

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)