松村北斗、一人二役的な難役に挑戦 耶雲監督が語るその芝居への前向きな姿勢

松村北斗と森七菜のダブル主演『ライアー×ライアー』の耶雲哉治監督と文筆家の折田侑駿氏が語り合う。


 

■「こういったハードルも超えられる」

耶雲監督は、透役について「松村くんのパーソナリティと重なる部分がありますし、この役って難しいと思うんです」と語る。

さらに「湊とみなの前では演じ分ける必要があって、一人二役的なところがある。彼の芝居への前向きな姿勢は、こういったハードルも超えられるのではないか」と続けた。

そして、『ライアー×ライアー』と松村の組み合わせが決まり、耶雲監督に声がかかったようだ。


関連記事:フワちゃん、無人島サバイバル中にクリス松村に感謝 「真心を感じる」

 

■「彼女にもピッタリな役」

映画化に向けて、どのようにストーリーを作っていくかと考えていく中、森のキャスティングが決定。「彼女にもピッタリな役ですよね」と耶雲監督。

企画の立ち上がりから脚本制作の過程には2年ほどの時間を要し、いざやるぞとなってからは、いろんなことがトントン拍子で進んだようで、「昨年の夏に撮影したので、大変な中でのこととなりましたが、思いのほか上手くいきました」と同作の製作過程を振り返った。

・合わせて読みたい→名作小説の映画化『夏への扉』 清原果耶をヒロインに来年公開へ

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

映画森七菜SixTONES活弁シネマ倶楽部折田侑駿松村北斗ライアー×ライアー耶雲哉治田辺圭吾
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング