志らく、『グッとラック』終了への愚痴報道に反論 「本質を語った」

立川志らくが『グッとラック!』の終了に愚痴を漏らしたと一部で報道。これに志らくはツイッターで反論。

エンタメ

2021/02/26 04:15

立川志らく

25日、落語家の立川志らくが自身のツイッターを更新。志らくがMCを務める朝の報道番組『グッとラック!』(TBS系)内で、「番組終了に対して愚痴を漏らした」と報道されたことについて反論した。



 

■番組終了にコメント

この日の『グッとラック!』で志らくは、自身が朝の情報番組にも関わらず、過激な言葉を使っていることを引き合いに出し、「非常識にやらせると面白いだろうとTBSのプロデューサーが(自分を)呼んで、非常識なコメンテーターを呼んで、いろんなこと言わせたら面白いだろうと思ったら、あんまり数字が伸びなかった」とコメント。

また、番組が3月で終了することについて「TBSもこんな非常識なヤツに任せてたらダメだからと打ち切りになる。おんなじ芸人だって、麒麟の川島君のほうが、平和的で問題が起きないだろうからって、番組が変わるんですよ」と漏らした。

志らくの発言に、出演者からは「溜まってたものが全部出てきてるじゃないですか…」とツッコミがあがっている。


関連記事:厚切りジェイソン、生放送で「女性の胸は性器」発言 ネット上で波紋

 

■「愚痴じゃない」と反論

これらの発言が一部メディアにて「番組終了に対して愚痴が止まらない」というかたちで報道され、志らくは「愚痴じゃないよ。本質を語ったの。ただ恥ずかしいから愚痴っぽくね」と反論。

続けて「芸人論はなかなか伝わらないだろうな。芸人の発生から知ってもらえたらわかるかな」とつづり、上岡龍太郎さんの言葉を引用して「乱暴な奴がヤクザになり口のうまい奴が芸人になった」と説明した。


■ファンからは納得の声が

今回の投稿のコメント欄には、ファンから「なるほど、照れ隠しなんですね」「番組の打ち切りに愚痴があっても問題ないと思うけどな」といった納得の声が多数つぶやかれていた。

また「『グッとラック!』終わっちゃうの本当に悲しいな〜」「ラストスパート頑張ってください!」など、番組終了への悲しみの声やエールもあがっている。

・合わせて読みたい→立川志らく、言葉狩りについて「怖い」と言及 ネット上では賛否の声が

(文/しらべぇ編集部・北田力也