「シェルターには行けない」と泣いたホームレスの女性 切ない理由に支援の手も

「私なら大丈夫」。警官らにそう話した女性には、シェルターには行けない理由があった。

社会

2021/02/27 16:30

ホームレス・犬
(BananaStock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

何年もホームレス生活を続け、ゴミ袋の中で寝る暮らしに耐えていた女性。彼女がシェルターに移ることを拒絶した理由を、『The Daily Star』などが報じている。



 

■ホームレス生活8年の女性

メキシコのティフアナで、65歳のホームレスの女性が話題になった。女性は住む場所を失い、仕方なく通りで暮らすように。そのうちやはり行き場を失った犬を保護するようになり、6匹にまで増えた犬と、ゴミ袋の中で風雨をしのぐ生活を続けた。

そのような暮らしが8年も続き、現地の警察はようやく女性を救おうと動き始めた。


関連記事:心優しいホームレス男性の善意に胸打たれ… 恩返しに成功した少女が話題に

 

■犬を捨てられず号泣

「シェルターに移りましょう」。女性に接触した警官はそう勧めたが、女性は頑なに拒否。「私は行きたくありません」「行く必要もないのです」「私なら大丈夫」と主張し、提案を受け入れようとはしなかった。

シェルターに行くことは、一緒に連れては行けない犬を見捨てて置き去りにすること。それがどうしてもできない女性は、ついにむせび泣き始めたという。

次ページ
■女性の決意と救いの手

この記事の画像(1枚)