田村淳、タクシードライバーの運転に不安 「年齢をたずねたら…」

田村淳が高齢者の運転するタクシーに乗車したと報告。運転技術に不安を感じ、思わず年齢をたずねたという。

エンタメ

2021/02/27 18:20

ロンドンブーツ1号2号・田村淳

ロンドンブーツ1号2号の田村淳が27日に自身の公式ツイッターを更新。タクシーに乗車したところ運転技術に不安を感じ、思わずドライバーに年齢をたずねてしまったという。



 

■85歳のドライバーに遭遇

この日タクシーを利用した田村。「移動中、運転技術に不安を感じたのでドライバーさんを見たらかなり高齢の方に見えた…。失礼ですがと年齢を尋ねたら…。85歳」と、高齢者ドライバーに遭遇したと報告した。

また年齢が問題なのではなく、「高齢になると運転技術を維持するのが難しくなる事が問題」と説明し、「ドライバーの平均年齢も高くなってきている…。良い解決策ありませんか?」とファンに意見を求めた。


関連記事:20代男性の3割が親の運転免許返納を希望 「地方では難しい」との声も

 

■「定年制を設けてほしい」

投稿にはタクシードライバーの高齢化を防ぐため「とりあえず二種免許は定年制を設けて欲しい」「自動運転に頼る」「検査をさらに厳格化する」など、さまざまな意見が集まっている。中には「その年齢で働かなくても良いほどの年金を支給する」との意見も寄せられた。

警視庁によると、75歳以上の高齢運転者による死亡事故比率は平成19年の8.2%から10年で12.9%まで増加している。

また内閣府は75歳以上の運転者が死亡事故を起こしやすい要因について、「運転が自分本位になり状況を客観的に把握することが難しくなる」「反射神経が鈍くなりとっさの対応が遅れる」などを挙げている。


■6割弱「高齢者は免許返納すべき」

コメント欄には田村と同じく高齢者ドライバーの運転に不安を感じた、という体験談も散見された。ちなみにしらべぇ編集部が全国10代~60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の56.5%が「高齢者は一定年齢で免許を返納すべき」と回答した。

タクシードライバーの高年齢化問題に意見を求めた田村。一筋縄ではいかない問題だが、自分や周囲の安全のために解決策を考えなければならないだろう。

・合わせて読みたい→立体駐車場の柵に乗用車が突っ込む事故発生 危機一髪の瞬間を消防などに直撃

(文/しらべぇ編集部・大五郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年12月11日~2020年12月18日
対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)