タイガー・ウッズ転院で完治には半年~1年か 重い感染症との闘いになる恐れも

右脚の脛骨と腓骨の上・下の両方の部分に「開放性粉砕骨折」を負ったタイガー・ウッズ選手。傷ついて壊死した組織を除去するほか、今後は追加の手術が繰り返されるだろうという。

スポーツ

2021/02/27 19:00

タイガー・ウッズ
(Czgur/iStock Editorial/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SUVが大破する深刻な横転事故を起こしたタイガー・ウッズ選手(45)はその後、ハーバー・UCLAメディカルセンターから、セレブ御用達で有名なロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターに転院したことがわかった。

最新情報を『CBS News』や『ワシントンポスト』が伝えている。



 

■「壊死性筋膜炎」への不安

ゴルフ選手としての再起を予想する前に、タイガー・ウッズ選手にはバクテリアによる感染症のリスクが迫っている、そちらを心配するべきだと伝えた『CBS News』。

そこでは、2018年のNFLの試合中にウッズ選手のように右脚の脛骨と腓骨を複雑骨折した、ワシントン・レッドスキンズのアレックス・スミス選手の例が挙げられた。

手術後にバクテリアによる感染症の「壊死性筋膜炎」を発症し、敗血症に至って命の危険にさらされたスミス選手。2020年に復帰したが、最高の医療技術を受けても感染症は手ごわい敵だったと報じられた。


関連記事:テレワークで腰への負担も 国内2800万人が悩む腰痛の最新治療法を慶応病院医師に聞いた

 

■続く手術と抗生物質投与

骨が皮膚を突き破って外に飛び出し、内部では砕けた骨や破片が肉、血管や神経を傷つける開放性粉砕骨折を負ったウッズ選手。

強力な抗生物質の投与が必要になるが、40年間ニューヨーク市の外科専門病院で重傷患者に手術を行ってきたデヴィッド・L・ヘルフェット医師は、『CBS News』に「感染症のリスクは完治するまで続く。バクテリアが潜んでいて後で発症というケースもあるのです」と説明している。

さらに、骨が安定してきたら両脚の長さや位置に狂いはないか、関節を曲げ、回転させられるか確認が必要になる。「そうした不具合を直すための治療がずっと続く患者もおり、皮膚移植を行う場合もあります」と話している。

次ページ
■体重をかけられるのは…