病院職員の「お産はまだ先」を信じた妊婦 真っ暗な駐車場で自力出産する事態に

「ものすごく痛いんです」。そう訴えた妊婦だが、病院の職員は「話す余裕があるならお産はまだ先」と考えた。

2021/02/28 16:20

妊婦・陣痛・電話
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お腹が痛く出産が迫っている感覚がある妊婦が、病院から「大丈夫」「まだ生まれるまで時間がかかるので、もう少し自宅で待機を」と言われることは日本でも珍しくない。

ある20代の妊婦も「まだまだですよ」と言われそれをいったんは信じたが、結局は駐車場で赤ちゃんを産むはめになったことを、『The Sun』などが報じた。



 

■突然始まった陣痛

1月25日のこと、英国で暮らす女性(27)が陣痛を感じ、病院に電話をかけた。時間は午後8時半。痛みは強かったというが、職員の返事は「話す余裕があるのなら大丈夫、生まれませんよ」というもので、女性の入院を促すものではなかった。

それでも痛みはひどくなるいっぽうで、女性は約44分後に再び電話をかけることに。すると「なら検査に来てください」と言われたため、女性は恋人と車に飛び乗り病院へ向かった。


関連記事:路上で産気づいた妊婦を救った女子高校生 お産介助の経験生かし称賛の声

 

■極寒の駐車場で出産

病院まで、車で40分。ようやく駐車場に到着したものの、その場で破水した女性は焦った。恋人はすぐに助けを呼びに行き、女性も車から降りて病院の入り口近くまで移動することができた。しかしその後は車止めにしがみつき、「助けて」と叫ぶのが精一杯だった。

そうして陣痛に耐えているうちに、男の赤ちゃんが誕生。レギンスをはいたままの出産だったため、赤ちゃんは硬い地面に落下することは免れた。しばらくすると職員が車椅子を押しながら出てきたといい、ようやく女性は助産師らに救われた。

次ページ
■気になる母子の健康状態

Amazonブラックフライデー最終日!

出産病院駐車場検査陣痛職員分娩破水翻訳記事自力
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング