病院職員の「お産はまだ先」を信じた妊婦 真っ暗な駐車場で自力出産する事態に

「ものすごく痛いんです」。そう訴えた妊婦だが、病院の職員は「話す余裕があるならお産はまだ先」と考えた。

2021/02/28 16:20


 

■気になる母子の健康状態

女性にとっては4度目の出産で、上の子供たちも赤ちゃんの誕生をとても喜んだ。とくに長男は弟が生まれたことを喜び、「駐車場で産声を上げたなんて信じられないよ」と大はしゃぎしたという。

出血量が多くリスクのあるお産ではあったというが、検査の結果、女性も赤ちゃんも健康状態に問題はなかった。


関連記事:コロナ禍で病院の不手際か 帝王切開予定の陽性妊婦が放置され自力で出産

 

■全てのお産は奇跡?

しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,789名を対象に調査したところ、全体の50.6%が「全ての出産は奇跡だと思う」と回答した。

出産は奇跡

真っ暗の寒い駐車場で、介助さえしてもらえないまま出産するはめになったこの女性。

それでも無事に赤ちゃんを迎えることができ、「私も子供も、とても運が良かったと思います」とメディアに語っている。

・合わせて読みたい→元新型コロナ陽性の妊婦を病院が受け入れ拒否 14時間後の出産で双子が死亡

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

出産病院駐車場検査陣痛職員分娩破水翻訳記事自力
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング