誘拐事件をでっち上げたお騒がせ男 「仕事サボりたかった」とあきれた供述

仕事を休みたい。そう考えた男があまりにも愚かな嘘をつき、警察をも巻き込む大騒動を巻き起こした。

2021/02/28 17:30

仕事・サボり
(erspstock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

働いてお金を稼ぐのは、決して楽なことではない。そのストレスに負けた男が「休みたい」と考え、驚くべき行動に及んだことを、『New York Post』などが報じた。



 

■誘拐事件発生?

2月10日午後5時25分頃のこと、米国・アリゾナ州で暮らす男(19)が、悲惨な姿で発見された。

両手はベルトで縛り上げられ、口の中にはバンダナが突っ込まれた状態。「男性が事件に巻き込まれたようだ」という通報を受け、駆けつけた警官が男を発見・保護し、何が起きたのかを詳しく調べることにした。


関連記事:新たな脅威ダークウェブ 7歳男児が誘拐され52日間も行方不明に

 

■男の説明に基づき捜査開始

男は警察に、「マスクをかぶった男2人に誘拐されたのです」「頭を殴られて気を失いました」などと説明。「その後に車で連れ回され、通りに捨てられたんです」とも話したことから、警察は誘拐事件とみて捜査を開始することにした。

まずは町中に設置された監視カメラの映像を確認したが、男の主張を裏付ける映像はまったく残っていなかった。警察が「この男は嘘をついている」という結論に達するのに、長い時間はかからなかったという。

次ページ
■暴かれた真相

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

警察仕事事件罰金逮捕誘拐有罪捜査翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング