「ミス・ワールド」出場資格は処女のみ? 会長の保守的な考えに女性らが猛反発

『ミス・ワールド』のジュリア・モーリー会長を怒らせたのは、2018年のミス・ウクライナによるある「嘘」だった。その彼女が立ち上がり、出場の規約について抗議活動を始めた。

社会

2021/02/28 08:40

ミスコン・ミスコンテスト
(JadeThaiCatwalk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ミス・ユニバース、ミス・インターナショナルと並ぶ世界三大ミスコンテストのひとつで、世界の美しいリゾート地を巡りながら毎年開催されている『ミス・ワールド』。

今、このコンテストの主催者である80代の女性会長に対し、猛烈が抗議が起きていることを、『The Sun』や『Knowledia News』など英米のメディアが報じた。



 

 

■「シングルマザーお断り」

英国・ロンドンを拠点に発展した『ミス・ワールド』。その創設者であるエリック・モーリー氏が2000年に他界し、現在は同氏の未亡人であるジュリア・モーリーさん(81)が会長を務めている。

そのジュリア会長は最近、出場者を対象とする規約のなかに、ある項目を加えていた。シングルマザーはミス・ワールドの対象外で、現在が独身でもエントリーを認めないという内容だった。


関連記事:強気な森会長に呆れる海外 3ヶ月前にはFIFA副会長が差別発言で辞任したばかり

 

■「なんと時代遅れな…」

ジュリア会長のその発想には、世界中の女性から「なんと時代遅れ」「頭が固すぎる」などと批判が殺到。多くが「つまり処女のためのコンテストってわけ?」と怒りをあらわにした。

内外の美しさを十分に湛えていても、結婚や妊娠出産を一度でも経験したら評価しないという考え方は、あまりにもおかしいというのだ。だが、ジュリア会長も一歩も譲らない。彼女がそう思い至った原因は、2018年度のある出場者がついた「嘘」にあった。

次ページ
■ジュリア会長の主張

この記事の画像(2枚)