井上和香、『TVタックル』で保健所の新型コロナ対応に怒り 内容に賛否両論

新型コロナウイルスに感染し、完治した井上和香が『TVタックル』に出演

テレビ

2021/02/28 15:00

井上和香

28日放送の『ビートたけしのTVタックル』に、新型コロナウイルスに感染し、現在は回復した井上和香が出演。感染時に経験した保健所の対応について怒りを見せた。



 

■感染時の様子を振り返る

井上は感染時、一定期間自宅待機をしていたことについて、「保健所さんから『入院されますか?』と聞かれると、『どうなんでしょう』と。『このくらいの症状なんですけど、どうしたらいいですか』となると、じゃあ一度様子を見ましょうかという話になってしまう」と経験を語る。

そのうえで、「もっと苦しい人の話をニュースでも見てるので、私が入ってベッドを埋めるわけにもいかない。本当に歯がゆいしか言いようがない。でも本当に苦しいっていう感じでしたね」と振り返った。


関連記事:保健所で涙を流しながら対応する職員も サンドバック状態の逼迫現場に話を聞いた

 

■スタジオに出演

スタジオに出演し、阿川佐和子から自宅待機した経緯に同情的な声をかけられた井上は、「二択なんですよ。もう本当に。自宅か、入院か。希望するか、リストに載せるかみたいな。もう忙しいんでしょうけど事務的なお話しか、ちょっとないんですよね」と話す。

東国原英夫は「人権等の問題で強制的に入院させることはできない。ご自分のやりたいことを尊重されるんですよ」と保健所の対応に理解を示した。

次ページ
■保健所の対応に怒り

この記事の画像(1枚)