松屋、3月2日から「さばの塩焼き定食」が登場 小鉢付きで490円

3月2日(火)から、松屋の朝定食に「さばの塩焼き定食」が仲間入り! 選べる小鉢付きで税込み490円という超お手頃価格

グルメ

2021/03/01 17:15

松屋

3月2日(火)午前10時より松屋にて、朝定食の新メニューとして「さばの塩焼き定食」(税込490円)が発売される。



 

■選べる小鉢付きで税込み490円

さばの塩焼き定食(松屋)

1985年から歴史がスタートした、松屋の朝定食。発売当初は3種類だった朝定食も、2002年には「選ぶ、おいしさ松屋」のキャッチコピーのもと、“選べる小鉢”の朝定食へと発展した。

今回発売される「さばの塩焼き定食」も、「ミニ牛皿」「納豆」「冷奴」「国産とろろ」「ミニカレー」の5種類の小鉢をその日の気分に合わせて選ぶことが可能だ。

朝定食の販売時間は午前5時~午前11時で、「さばの塩焼き定食」は、単品持ち帰りの場合は税込み300円となる。


関連記事:やよい軒、だし無料サービスが17日から開始 「無限茶漬け」に期待高まる

 

■栄養価の高さが注目の「さば」

さばの塩焼き定食(松屋)

このタイミングで「さばの塩焼き定食」を発売する理由について、「現在、日本では空前の『さばブーム』が起こっております。栄養価が高く、健康食品として注目されている」と同社。

使用されているのは、脂のりの良いノルウェー産のさばで、シンプルな塩焼きでさば本来のおいしさを味わうことができそうだ。

松屋では、焼き魚定食としては「焼鮭定食」(税込490円)が提供されており、ガッツリ系の肉メニューだけでなく、朝定食の焼魚メニューも充実しつつある。


■朝食をちゃんと食べている?

慌ただしく、ついつい抜いてしまいがちな朝食。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~!60代の男女1,732名を対象に「朝食」に関する意識調査を実施したところ、「ほぼ欠かさず食べている」と回答した人は全体で58.5%だった。

朝食

「焼き魚」は、とくに一人暮らしの場合など、自分ではなかなか作らないという場合も多いのでは。健康管理という面でも、手頃な価格で「さばの塩焼き定食」が食べられるようになるのは、かなり嬉しいニュースだ。

なお、発売日である2日は朝10時からの販売開始となるので注意してほしい。

・合わせて読みたい→松屋、やはり最強の焼肉屋だった 唯一の弱点もあっさり解決してしまう

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)