1都3県、緊急事態宣言の延長要請か 「卒業式は…」ネットどよめく

東京都や神奈川県など首都圏の1都3県の知事が、新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、2週間の延長を政府に要請する調整に入ったことが報じられた

社会

2021/03/03 01:30

卒業式のイメージ
(gyro/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言について、首都圏の1都3県の知事が、2週間の延長を政府に求めるよう調整に入ったことが2日夜、報じられた。インターネット上でも波紋を広げている。



 

■緊急事態宣言、2週間の延長か

報道によると、緊急事態宣言が今月7日に期限を迎えるのを前に、東京都や神奈川県などの首都圏1都3県の知事が、緊急事態宣言の期間を2週間延長するよう政府に求める調整に入ったという。

緊急事態宣言の延長の可否について政府は、5日に基本的対処方針等諮問委員会を開き、専門家の意見を踏まえたうえで判断する見通し。


関連記事:加藤浩次、緊急事態宣言後の週末の繁華街に衝撃 「感染対策になってる?」

 

■「卒業式は…」ネットどよめく

報道を受けて、2日深夜にはインターネット上でも続々と関連ワードがトレンド入りを果たしている。

緊急事態宣言の2週間の延長は「卒業・卒園式」への影響も懸念され、ツイッター上では「緊急事態宣言延長とかやめてくれ。卒業式行けなくなる…」「2週間延長したら、部活も卒業までできず、卒業式もあるか分からない」「ガチで涙止まらん。 卒コンは? 卒業式は? 2週間だけできるはずだった部活は?」「ワンチャン卒業式中止になりそうで怖い」といった、人生の節目への影響を懸念する声が相次いでいる状況だ。

・合わせて読みたい→菅首相、緊急事態宣言延長を明言 ワクチンは2月中旬から

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい