警視庁ツイッター、災害時のためにペットの躾を呼びかけ 環境省も「飼い主の責務」

ペット用備蓄品の確保、避難ルートの確認、しつけや健康管理を行うことも飼い主の責務。

クイズエンタメ

2021/03/04 19:30

ジャックラッセルテリア
(Bigandt_Photography/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

警視庁警備部災害対策課の公式ツイッターが4日、災害時のためにペットをしつけておくようユーザーに呼びかけた。



 

■「共同生活を送る際に必要」

警視庁公式ツイッターは柴犬の写真を添えて、「我が家では、有事に備えて飼い犬のしつけを行っています」と説明。

「待て、おいでのしつけや無駄吠えの防止、クレートに慣れさせる等は、被災してパニック状態になった飼い犬を落ち着かせたり、避難場所で人やペットと共同生活を送る際に必要です」と、災害に備えてペットのしつけをするよう呼び掛けた。


関連記事:『あさイチ』食パンの袋が災害時に役立つ驚きの理由 「もう捨てない」

 

■ハンドサインと一緒に

画像ではその他のしつけとして、「身体を触られても嫌がらないようにする、トイレトレーやペットシーツで排泄できるようにする」なども紹介している。またしつけをする際は掛け声だけでなく、ハンドサインと一緒に覚えさせると、騒がしい場所でも犬が命令に集中できると説明した。

次ページ
■東日本大震災では…