中川翔子、猫に顔を引っ掻かれる 痛々しい傷跡に「今すぐ皮膚科へ」

中川翔子が飼い猫に手の甲と頬を引っ掻かれて、赤い筋のような跡になる ファンからは心配や励ましの声が集まる

エンタメ

2021/03/05 12:30

中川翔子

タレントの中川翔子が、自身の公式ツイッターを更新。飼い猫に顔と手を引っ掻かれたことを明かし、傷跡の写真も公開している。



 

■夜中に愛猫のメポに引っ掻かれる

中川は5日の深夜、傷付いた手の甲と頬の写真をツイッターにアップ。

「うわうわうわ 部屋真っ暗の中寝てて、寝返りうった? のにびっくりしたのかいきなりメポがギャギャってあばれてダッシュして蹴って逃げてった、顔がガリってされて痛くてあわてて鏡みたら血はでてないが赤く筋にふくらみ腫れてる最悪」と、愛猫のメポに引っ掻かれたことを告白した。

手には絆創膏が貼られ応急処置が施されており、「手は血 良かった顔はギリギリセーフで。痛さは血でてそうだた」と、傷の様子を報告している。


関連記事:高温油をかぶった20代女性が彼氏に「化け物」と罵られ… 体と心の傷を克服中

 

■赤く膨んだ傷に「さいあくだ」

夜中の投稿では「顔は出血はしていない」と述べてはいるものの、傷跡は赤く筋のように膨らんでおり、跡が残らないか心配している模様。さらに明朝には「うわあああああさいあくだ朝見たら赤いキズみたいになってる」と、痛々しく膨らんでしまった傷の写真を公開。

引っ掻き傷は目尻の下あたりから耳下にかけて走っており、「血はでなかったにしてもこれは 顔だからさいあくだあ アトになりませんように」と、号泣している顔文字を添えている。

次ページ
■「すぐに皮膚科に」と心配するファン