数十万匹のダニつき枕は「カビの生えた大便」 医療専門家が2年ごとの新調を提唱

ちょうどよい高さ、材質、クッション性。「気に入った枕はずっと使い続けたい」と思ってしまうが…。

ライフ

2021/03/06 08:30

枕
(DoroO/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大物の洗濯ゆえ、干すのも億劫などと言われがちな寝具。ベッドの下に掃除機をかけ、シーツや布団カバーは洗うけれど、枕は日干しがせいぜいという人は多いのかもしれない。だが、じつは枕こそダニの温床。古い枕には要注意だと、英国のメディア『LADbible』『Birmingham Mail』などが報じた。



 

■枕には大量のチリダニ

医療専門家として度々TikTokに登場し、医療・健康面でさまざまなアドバイスを行ってきたカラン・ラージ(Karan Raj)博士。今回は枕の不潔さに関する動画を投稿した。

「誰もが、1年あたり平均4kgほどの皮膚が剥がれ落ちているんです」と説明する博士。そこには頭皮からのフケも含まれている。

私たちが眠ることで寝具には温もりと湿気が加わるが、その状態が大好きなチリダニは、枕にも大量に棲みついているという。その数については、平均して数十万匹という説もあるようだ。


関連記事:プリングルズ×スーパーカップの名作再び とくに「味噌」は要チェック

 

■「古くなった枕はまるで…」

「そのため、枕は少なくとも2年ごとに買い換えるようにしましょう」とラージ博士。彼はそこに驚くような比喩を添えている。

「古くなった枕の不潔さは、カビが生えた大便を湿らせ、フワフワとさせたような感じです。あなたはそこに、毎晩頭を載せるつもりですか」と忠告したのだ。

また、チリダニが排出する糞便は喘息やアレルギー性鼻炎などの原因になるとし、古い枕は思い切って捨てるよう勧めている。

次ページ
■「ベッドメーキングは急がず」

この記事の画像(1枚)