私服校でキャミワンピ重ね着の女子高生に帰宅命令 「肌露出ないのに」と不満噴出

女子高生の服装は、いつの時代も教師たちの悩みの種。かつては短いスカートにルーズソックス姿が、一世を風靡した。

2021/03/06 09:30

キャミソールワンピース・キャミワンピ
(violet-blue/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

カナダにある男女共学の高校に通う女の子が、「服装が不適切だ」との理由で自宅に強制的に帰された。彼女のその日のスタイルは、果たして通学には適切か不適切か。SNS上で大炎上していることを、カナダの公共放送『CBC』ほかが報じている。



 

■おしゃれな重ね着のつもりが…

カナダ・ブリティッシュコロンビア州のカムループスに住むカリス・ウィルソンさんは、男女共学の公立ノーカム高校(Norkam Senior Secondary)に通う17歳だ。

彼女は2月23日、白いタートルネックの長袖のトップスに、黒のややタイトなキャミソールワンピースを重ねて登校。すると教師から「下着を連想させる不適切な服装。男子生徒の気が散ります」と注意を受け、校長から帰宅命令が下った。

泣きながら帰宅したカリスさん。事情を聞いた父親クリストファーさんは、激怒した。


関連記事:えなこ、スカートの丈がバグってしまうも… 華麗な着こなしでファン悩殺

 

■娘を擁護する父親

クリストファーさんは、「スカート丈は膝近くまであるし、バカげてますよ。考え方が古くさい。黒いレースが付いているだけで下着扱いするなんて」と学校に抗議。さらにFacebookに、その日のカリスさんの写真を掲載した。

「肌を露出させているわけでもないのに、担任からは叱られ、校長室にも呼ばれた。他の女の子たちもこんな理不尽なことで恥をかかされないよう、願っているよ」と呼びかける動画は、75,000回以上再生された。

次ページ
■クラスメイトに影響も
下着共学服装私服キャミソールTPOタートルネックワンピース翻訳記事スリップ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング