番犬が防犯訓練で大失態 のんびり眠るグータラ映像で大ブレーク

ある店の番犬が、防犯訓練を完全に無視。最後まで眠って過ごすとぼけた姿に、多くの人たちが癒やされた。

話題

2021/03/06 10:10

犬・店・寝る
(uladzimir_likman/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

飼い主を守るためなら、自分の命さえ危険にさらす。そんな忠犬のニュースはよくあるが、ある店で飼われている1匹の番犬に、危機感はゼロだった。その様子をとらえた映像を、店があるアジアのメディアのみならず、『TMZ』など欧米メディアも紹介。

SNSでも大変な人気を博している。



 

■ある犬との出会い

タイで暮らす男性が、今から数年前に宝石店を開こうとある街に引っ越した。しかしその直後、男性は近所で暮らす野良犬を発見。それからも腹を空かせては店先に現れる犬が気の毒になり、保護して飼い主になろうと決意した。

そこで男性は、犬をラッキーちゃんと命名。それからは、ラッキーちゃんも交え仲良く暮らすようになったという。


関連記事:大富豪が愛犬に5億円の遺産を残し他界 番犬ながら「警備を雇う財力あり」の声

 

■防犯訓練の映像で人気者に

この男性が営む店で、2月には強盗事件発生を想定した防犯訓練が行われた。強盗に扮したのは、普段からよくパトロールのため店を訪れる警察官。当日は武装した凶悪犯になりきり、男性に銃口を向けるひと幕もあった。

だがラッキーちゃんはカウンター前で横になったまま目を開けようともせず、最初から最後まで同じ場所で死んだように爆睡したまま。この様子をとらえた監視カメラの映像を男性がSNSで公開したところ評判になり、またたく間に数千回もシェアされた。

次ページ
■「じつは賢い」と語った飼い主の愛

この記事の画像(1枚)