愛媛県の鯛めし、2種類ではなく3種類あった 古代から伝わる『北条鯛めし』とは

ぜひ愛媛3大鯛めしとして売ってほしい…古代から伝わる『北条鯛めし』とは

グルメ

2021/03/06 06:45

愛媛県の鯛めしといえば、松山市の『松山鯛めし』と、宇和島市の『宇和島鯛めし』が有名だ。


画像をもっと見る

 

■幻の『北条鯛めし』

グルメな人ならその2種類をすぐに挙げられると思うが、じつは愛媛県の鯛めし、厳密に言うと2種類ではなく3種類存在する。

その鯛めしとは、松山市と合併するまでは愛媛県北部にあった北条市に伝わる『北条鯛めし』。古事記や日本書紀にも登場する神功皇后に献上されたといわれる、歴史ある鯛めしだ。


関連記事:東京チカラめし、池袋の1号店が本日閉店 訪れる際は絶対注意すべきポイントが

 

■風早地区では食べられる店も

北条鯛めしの特徴は、松山鯛めしのように野菜などの具材が入らず、基本の具材は鯛と昆布だけというシンプルなもの。

以前は北条市だった地区へ行くと、このように釜飯形式で提供したり、弁当で提供する店がいくつかあり、地元の風早活性化協議会のサイトには食べられる店が紹介されている。

次ページ
■道の駅にはお土産も

この記事の画像(8枚)