無差別殺傷事件で有罪判決の20代男 「インセル男」と呼ばれた理由は

容疑者の犯行動機は、あまりにも理解し難いものだった。「性的な欲求不満でイライラが募っていたから」だという。

2021/03/07 06:30

欲求不満・男性
(Estradaanton/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

カナダ・トロント市で2018年に起きた、ある無差別殺傷事件。警察に語った動機から、犯人は世間から「インセル男」と呼ばれるようになっていた。このほど男に有罪判決が下ったことが報じられたが、改めてインセルという言葉が話題を呼んでいる。



 

 

■猛スピードで歩道に突っ込む

英国のメディア『SKY NEWS』『The Sun』などが報じたところによれば、その無差別殺傷事件は車が意図的に歩道に突っ込んだもので、歩いていた人々が次々とはねられ、10人が死亡、16人が重軽傷を負っていた。

警察は、車を運転していたアレク・ミナシアンという28歳の男の身柄を拘束。その後、ミナシアンは第一級殺人、殺人未遂などの容疑で起訴された。


関連記事:頻発する家政婦トラブル 逮捕の女は食べ物に尿・月経血を混ぜた容疑を否認

 

■女性に相手にされず…

ミナシアン容疑者は警察に「性的な欲求不満でイライラが爆発し、無我夢中でやった。100人を殺す気だった」と説明。犯行の動機は、あまりにも身勝手で許しがたいものだった。

ミナシアン容疑者は大学卒業後、ソフトウェア開発の仕事で収入を得ていたが、女性に興味津々であるにもかかわらず、性交の経験がなかった。「自分は自閉症スペクトラムで、人間関係をうまく築けない。女性にも相手にされず、激しい苛立ちを募らせていた」などと話したという。

次ページ
■難航した裁判

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

独身性欲自閉症欲求不満精神鑑定禁欲翻訳記事ソフトウェア開発無差別殺傷事件
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング