無差別殺傷事件で有罪判決の20代男 「インセル男」と呼ばれた理由は

容疑者の犯行動機は、あまりにも理解し難いものだった。「性的な欲求不満でイライラが募っていたから」だという。

2021/03/07 06:30


 

 

■難航した裁判

犯行の根本には自閉症スペクトラムがあると訴えたミナシアン被告だが、事件の責任を問う裁判においては、弁護人もその診断名を盾に無罪を主張してきた。

専門学校時代の同級生も「手が震えたり頭を自分で叩いたり、奇妙な動きが多かった」「臆病な気質なのか、誰ともスムーズに会話ができなかった」などと証言し、裁判は難航した。

しかし、精神鑑定を担当した医師は「彼は、自身の行動が道徳的に誤っていることを認識していた。法的責任を問うことは可能」と報告。ミナシアン被告についに有罪判決が下った。


関連記事:ミスコン美女の恋人を刺殺した男 「別れるくらいなら」と強い怨恨で報復か

 

■インセルとは…?

このたびの報道で、改めて話題になった「インセル(Incel)」。これはインボランタリー・セリバシー(Involuntary celibacy)の略で、本人が望まないのに禁欲生活が続き、独身でいる状態を示す。

宗教的な理由を伴うケースが多いが、女性に相手にされず、デートすらままならないというケースも。ミナシアン容疑者も自身をインセルだと自覚しており、こうした人々が集うオンラインフォーラム『INCELS.CO』にも参加していた。

フォーラムには「ムラムラしすぎて、とんでもない間違いを起こしそうだ」と訴える者が少なくないといい、2014年にカリフォルニア州サンタバーバラ郡で無差別殺傷事件を起こした若い男は、コミュニティーにとって教祖のような存在だという。

・合わせて読みたい→強盗に入った家で92歳女性を2時間も性的暴行 20代無職の男を逮捕

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

独身性欲自閉症欲求不満精神鑑定禁欲翻訳記事ソフトウェア開発無差別殺傷事件
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング