「我が子の姿と重なった」 バルコニーから転落した女児を救った男性に称賛

今にも高所から落下しそうな女児を見て、救うことを決意した男性。その正義感に、多くの人が感動した。

社会

2021/03/07 13:00


 

■救われた命

「あの子を見た瞬間、家で待っている僕の娘のことを考えたのです」。そう語る男性は、女児をキャッチした瞬間ぎゅっと抱きしめたそうだ。しかし女児の口から血が出ていたため警備員に引き渡し、そのまま病院に搬送してもらったのだという。

男性は女児の回復を待って会いに行きたいといい、「もし必要ならあの子を僕の養子にして育てたい」とメディアに話した。


関連記事:有田哲平、第1子の女児を誕生を報告 「ラジオで話聞きたい」と祝福相次ぐ

 

■冷静な対応ができる人は約3割

しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,844名を対象に調査を実施したところ、「いざという時に冷静な対応ができると思う」と回答した人は全体の34.6%だった。

いざという時、自分は冷静な対応ができると思うグラフ

この男性は瞬時に状況を判断し、女児を見事に救出。その姿に多くの人が胸を打たれ、「まさに英雄」と称賛した。

「僕は自分のことを英雄だなんて思いません」と謙遜する男性は、今はメディアなどに騒がれて大変だといい、「早く日常を取り戻し家族に尽くしたい」と希望を明かしている。

・合わせて読みたい→足を滑らせた妻を夫が救おうと… 娘を残して200メートル崖から揃って滑落死

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)