藤田ニコル、テレビが怖くなった出来事を回顧 「強要されて急に冷めた」

バラエティ番組で大活躍する藤田ニコルだが、ブレーク直後に「テレビの怖さ」を痛感していた…

2021/03/10 09:15

藤田ニコル

9日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)に「にこるん」の愛称で知られるモデル・藤田ニコルが登場。「ブレーク後にテレビの怖さを感じた出来事」を吐露し、大きな反響が起きている。



 

◼10代でブレーク

11歳でファッション誌『ニコラ』(新潮社)のモデルオーディションでグランプリを獲得しモデルデビュー、2014年にはギャル誌『Popteen』(角川春樹事務所)で人気を博した藤田。

誌面上のキャラクターが注目を集め、14年ごろに『今夜くらべてみました』『行列のできる法律相談所』(共に日本テレビ系)と人気番組に立て続けに出演。テレビの新スターとして瞬く間にブレークを果たし、現在もバラエティ番組を中心に大活躍中だ。


関連記事:藤田ニコル、衝撃の浣腸愛を告白 「めちゃくちゃ好きなんですよ」

 

◼テレビ出演を満喫も…

藤田は「なにもわからないまま、いきなり生活が変わった」とブレーク当初を振り返り、「楽しかったけど途中からちょっとおかしくなった」と明かす。

「何も知らなかったから、学校に行ってる感覚、いろんな芸能人に会って話している感覚だった」と当時の心境を吐露。しかし、ある日のテレビ収録時に台本に書かれていた言葉を見て「テレビって怖い」と感じたと主張する。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
◼テレビへの恐怖
テレビ恐怖バラエティ藤田ニコルにこるん台本Popteenあちこちオードリーnicolaにこるんビーム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング