米国とメキシコでは味が違うコカ・コーラ 有名ブランドでも世界統一ではなかった

世界中でファンが多いコカ・コーラ。アメリカへ旅行の際はぜひメキシコークの違いを試していただきたい。

2021/03/11 13:30

コカ・コーラ

世界中に熱烈なファンを持つコカ・コーラ。老若男女を問わず、喉が渇くとつい飲みたくなるという人が多いアメリカで、ここ数年メキシコで生産されているコカ・コーラは味が違うと話題になっている。

「どっちが好き?」という会話がごく自然に飛び交っていることを、イギリスの『METRO』が報じた。



 

■愛称は「メキシコーク」

アメリカの人々が、「メキシコで生産され、アメリカに入ってきたコカ・コーラのほうがおいしい」と噂していることをご存知だろうか。

『メキシコーク(Mexicoke)』の愛称で親しまれているメキシコ産のコカ・コーラは、アメリカに移住したメキシコ人のために輸出されるようになった。すると、それまでアメリカ産の味しか知らなかった人々が驚いてしまった。

「メキシコークのほうが美味しい!」「香りも豊かだ」と話題になったという。


関連記事:チョコプラ長田、『イッテQ』の罰ゲームに対するひと言に称賛の声

 

■違いはなぜ生じた?

違いが生じた理由は大きく2点ある。アメリカで生産されたコカ・コーラは果糖ブドウ糖液糖を使用しているが、メキシコークはサトウキビ由来の砂糖を使用。自然な甘みが一層おいしさを引き立てていた。

また、コカ・コーラは世界の殆どの国で缶かペットボトルで販売されているが、メキシコークは「おいしさを保ちたい」とガラスの瓶にこだわっている。「瓶ビールのほうがおいしい」と言う人がいるのと同じ感覚かもしれない。

次ページ
■世界の有名フードブランドは?

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

ビールアメリカジュース砂糖ペットボトルメキシココーラソフトドリンク移民翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング