契約終了の加藤浩次 『スッキリ』終盤で吐いた意味深な“弱音”

「誕生月占い スッキりす!」のコーナーで運勢が最下位だった加藤浩次。つぶやいた言葉に、出演者たちが笑う一幕が…

テレビ

2021/03/11 05:00

極楽とんぼ・加藤浩次

タレントの加藤浩次が10日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。番組終盤の「スッキりす!誕生月占い」のコーナーで弱音を吐く一幕があった。



 

■占い結果がまさかの…

同日の番組冒頭に、吉本興業とのエージェント契約終了を発表した加藤。決定に納得したとしつつも、「僕もびっくりしてるというか…。『そうか、そうだったか!』みたいなところはある」と複雑な思いを明かしていた。

そして番組終盤の占いランキングで、加藤が該当する4月生まれの運勢はまさかの最下位に。「今日は嫌だ。あらら…」と落胆する加藤に水卜麻美アナウンサーが、「注意力散漫で凡ミスをしそう。簡単なことでも慎重に取り組んでください」と占い結果を読み上げる。


関連記事:吉本を離れる加藤浩次 『スッキリ』でのコメントに注目が集まる

 

■出演者たちがフォロー

結果に加藤は、「慎重にやってきたつもりなんですけどね…。慎重じゃないことも多かったな…。これから慎重にいきます」と、エージェント契約や「加藤の乱」騒動について触れるような、“狂犬”らしからぬ意味深長な弱音をぽつり。

この言葉に水卜アナは「大丈夫です。これから慎重にいけば…」、ハリセンボンの近藤春菜も「そんなことないです」とフォローしていた。


■4月以降も続投

「慎重じゃないことも多かったな」の弱音は、加藤なりのリップサービスだろう。エージェント契約について複雑な思いを明かす一方で、3月末に同番組を卒業する水卜アナと近藤の名前を挙げて、「じつは私も4月から新しい門出になってしまいました。3人揃って新しい門出」と前向きな発言で笑いを誘っていた。

4月からも同番組の出演は継続する加藤。占いコーナーでもひと笑い入れる「芸人魂」は、吉本興業を離れてもきっと残り続けるはずだ。

・合わせて読みたい→『ミヤネ屋』宮根誠司、契約終了の加藤浩次に訴えた言葉 「もし見てたら…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一