炊飯器で作る愛媛県松山市の『北条鯛めし』 神功皇后も食べた味が超簡単に

愛媛県にいにしえより伝わる鯛めしを食べて、旅行気分を味わおう!

グルメ

2021/03/11 09:00

2種類と思いきや、じつは3種類ある愛媛県の名物『鯛めし』。その2種類が松山市にあるのだが、とくに以前北条市であった地区で作られる『北条鯛めし』は、神功皇后の時代から伝わるといわれるいにしえからの料理だ。


画像をもっと見る

 

■北条鯛めしの作り方

そんな格式高い料理なら、さぞ難しいことだろう…と思われそうだが、じつは炊飯器とオーブントースターさえあれば、超簡単にできてしまう。まずは鮮魚店などで売っている鯛の切り身に塩をして、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。

次に炊飯器に米、みりん、薄口醤油、酒を入れ昆布を1枚入れて目盛りまで水を注ぎ、普通に炊飯すればOKである。


関連記事:炊飯時に『すし酢』を入れると冷めたご飯が激ウマに? 実際に試した結果

 

■高級感あふれる味に

出来上がりは、昆布と鯛の香ばしい香りがご飯に染みわたり、シンプルな具材とは思えない高級感あふれるビジュアルに。

最後は贅沢に身とご飯を混ぜれば完成だ。


■緊急事態宣言中でも地方の料理で旅行気分

いまはまだ緊急事態宣言中の地域もあり、なかなか気軽に旅行には行けないとき。そんなときでも地方の料理を作って旅行気分を味わうと、なかなか楽しいもの。

こちらのレシピの詳細は「だんだん松山プロジェクト」というサイトに掲載されていたので、詳しく知りたい人はそちらを見てほしい。簡単に絶品の鯛めしが味わえることだろう。

・合わせて読みたい→セブンイレブンのおにぎり『かつおめし』が絶品 だし好きにオススメしたい

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(5枚)