モスバーガー 3月12日の記念日に行くともらえる「特別なモノ」

3月12日は、1972年にモスバーガーの初店舗がオープンした「モスの日」。記念日に来店すると良いことが…

2021/03/11 17:15

モスバーガー

モスバーガーでは、3月12日(金)と13日(土)の2日間、「モスの日」を記念して、期間中に店舗を利用する先着200~400名に、感謝の気持ちが込められた「アスターの種」がプレゼントされる。



 

■1972年3月12日に初店舗がオープン

モスバーガーは、1972年3月12日に初店舗 (実験店)がオープン。これにちなんで、3月12日は「モスの日」に制定されている。

「感謝される仕事をしよう」という同社の“創業の心”から、「いつも支えてくださっている地域の方々やお客さまに感謝する日」として、同社では1997年より、毎年「モスの日」に、植物の栽培セットや植物の種などのプレゼントを実施してきた。


関連記事:チョコプラ長田、『イッテQ』の罰ゲームに対するひと言に称賛の声

 

■今年は「アスターの種」

モスの日(2021年度版)

今年は、3月12日~13日の2日間、全国のモスバーガー(一部店舗を除く)の店舗を利用する先着200~400名に、リーフレットとともに「アスターの種」がプレゼントされる。

ちなみに、アスターの花言葉は「信じる心」と「思い出」。これには「コロナ禍でも、明るい明日を信じ、お客さまと温かい思い出を作っていきたい」という同社の思いがを込めている。


■とくに女性から厚い支持

今や全国に店舗を展開し、ハンバーガーチェーン店として多くの人々から愛されているモスバーガー。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,880名を対象に実施した意識調査において、「モスバーガーが好き」と回答した人は、全体で58.7%にも及んだ。

モスバーガーが好き性年代別グラフ

性・年代別に見てみると、とくに女性から厚い支持を得ていることが分かる。

編集部の取材に応じた30代の女性は、モスバーガーが好きなポイントについて「他のハンバーガーのお店に比べて、少しヘルシーな感じがある。とくに野菜がおいしい」とも話していた。

コロナ禍においては、協力産地支援にも積極的に取り組んできた同社。味わいだけでなく、こうした企業としての姿勢も、多くの人々から愛され続けている理由と言えそうだ。

・合わせて読みたい→森咲智美、YouTubeが過激すぎて収益BANに? 「削除しようと思います」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

花言葉モスバーガーモスの日アスター創業花の種
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング