50代女性の6割が「絶叫系の乗り物が苦手」 落ちるときの感覚が嫌い

遊園地やテーマパークには、必ず絶叫マシンがある。しかし、絶叫系の乗り物が苦手な人も多いようだ。

ホビー

2021/03/12 09:00

遊園地やテーマパークには、絶叫系の乗り物がある。何度も乗るほど好きな人もいるが、苦手な人も多いはずだ。


画像をもっと見る

 

■「絶叫系の乗り物が苦手」半数も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に調査したところ、全体の45.5%が「絶叫系の乗り物が苦手だ」と回答した。

絶叫系の乗り物が苦手グラフ


関連記事:偏りや絶叫にNO スポーツ中継の実況を不愉快だと思った瞬間3選

 

■落ちるときの感覚が

性年代別では、多くの年代で女性の割合が高くなっている。

絶叫系の乗り物が苦手性年代別グラフ

落ちるときの感覚が、気持ち悪いという人も。

「昔から絶叫系を楽しいと思える人の気持ちが、まったくもってわからない。とくに、落ちるときの感覚が気持ち悪くて。おそらく今後、二度と乗らないと思う」(50代・女性)


人が乗っているときには、一人で待っているようだ。

「友達とテーマパークに行くのは楽しいけれど、みんなが絶叫系に乗るときには一人で待っている。無理に乗せようとする人がいても、絶対に断る」(20代・女性)

次ページ
■絶叫マシンが好きな人

この記事の画像(3枚)