話題の「痛公用車」…これ本当に市長が乗るの? 所有元自治体からの意外な回答

岐阜・多治見市が2月に完成させた「痛公用車」がネットで話題になっている。市長はこれに毎日乗っているというのか…!?

痛公用車

「痛公用車」というパワーワードが突如ネット上のトレンドワード入り。

市区町村の公用車が痛車仕様とは…。一体誰が乗っているのか所有元である岐阜・多治見市に聞いてみた。


画像をもっと見る

 

■「市長専用ではなく…」

陶芸の町である多治見を舞台にしたアニメ『やくならマグカップも』(CBCテレビ、BS11、TOKYO MXほか)が4月から全国放送される。

今回の「痛公用車」は、アニメと“聖地”となる多治見市をPRするために誕生したもので、市が運用している公用車にアニメキャラデザインのラッピングを施し、2月19日にお披露目されている。

痛公用車

ちなみに車両はトヨタ「ノア」。「公用車」と聞くと市長や県知事の専用車と想像してしまうが、実際には「市長専用ではなく、市の職員が業務の際などに使用しています」(多治見市産業観光課)とのことだ。そりゃそうだよなぁ…。


関連記事:明石家さんま、大洗町でガルパンファンに遭遇 交流ぶりが「天才」と話題に

 

■原作は地元発のコミック

痛公用車

原作は、市内IT事業者であるプラネットが約10年に渡って発行してきたフリーぺーパー形態のコミック。

地元発の作品が注目を集めるまたとないチャンスとあり、市では昨年11月に出演声優陣を招聘して市役所庁舎で会見を開くなど、積極的に協力を続けている。

次ページ
■多治見市が「本気」なワケ

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

アニメ岐阜聖地公用車多治見市痛車やくならマグカップも
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング