7児の父が新型コロナ感染死 「母さんを頼む」と子供らに最後のメッセージ残し

死を意識した男性が一番心配だったのは、多くの子供をひとりで育てていく運命を背負った妻のことだった。

社会

2021/03/13 14:30


 

■残された家族

2月14日に、チャールズさんは他界。27日には、葬儀が執り行われたという。メディアの取材に応じたチャールズさんの両親は「息子は生きて退院することができませんでした」と述べて肩を落とし、「困っている人がいれば、率先して助ける子でした」と語った。

一家の大黒柱を失った子供たちが経済的に困ることがないよう、親族はインターネットで寄付を呼びかけている。


関連記事:4歳息子を残し若い両親が新型コロナ死 流行の第三波に油断は禁物

 

■新型コロナウイルスが怖い人の割合

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,880名に調査したところ、全体の79.2%が「新型コロナウイルスが怖い」と答えた。

新型コロナが怖い・covid19

感染拡大が深刻になって、1年以上が経過する。この異常事態に慣れも生じ、「気が緩んできた」「危機感はあまりない」という声もあるが、今もなお苦しむ患者がおり、医療関係者も危機感と緊張感をもって現場で働いている。

今一度しっかりと現実に向き合い、一刻も早く収束する日が来るよう感染予防に努めたい。

・合わせて読みたい→新型コロナへの感染による偏見や中傷 女性では6割が不安に

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)