「恋人はいらない」10代女子が6割以上? その理由が現代ならではすぎて…

「恋人はいらない」と思った時期がある人の割合は!?

コラム

2021/03/14 18:00

最近、恋人がいない友達に「誰か紹介しようか?」と言ったら、「今は恋人はいらない」と言われた中村愛です。恋人がいらないと思う瞬間というのは、誰にでもあるものなのでしょうか?



 

■「恋人はいらない」時期がある人の割合

しらべぇ編集部が全国10~60代の交際経験がある男女2,417名を対象に調査してみました。すると…全体の49.5%が「恋人はいらないと思った時期がある」と回答しました。

これは、思ったより多い結果だったのではないでしょうか。

恋人はいらないと思った時期がある経験者の割合


関連記事:女性の約半数が「10代の頃に恋人あり」 一方で異性と話せないでいた人も

 

■女性のほうが「恋人はいらない」

男女別で見てみると…全世代で、圧倒的に女性のほうが「恋人はいらない」と思うことが多いと分かりました。特に10代女性は64.4%にもなり、これは初めての恋愛と失恋を経験して、「もういらない」と思ったからなんじゃないかなぁ…と悟りました(笑)。

恋人はいらないと思った時期がある経験者の割合


■最近の10代は恋愛したがらない?

しかし! どうやらそれだけじゃないようなのです。

いまどきの若い子に話を聞いてみると、失恋したからではなく、「特に恋愛をしたいと思う気持ちがない」と言う人も多くいたのです。その理由を書き出してみました。

①楽しいことが他にもある:恋愛にこだわることなく、楽しいことが他にもたくさんあるというのです。動画やSNS、ゲームなど。わざわざ恋愛しなくてもいいという考え。


②友達や家族でいたほうが楽しい:恋人といるのも楽しいかもしれないけど、恋人は一生の関係ではないというイメージを持っているのだとか。逆に、友達や家族は一生モノ。


③リアルな世界(現実)で好きな人ができない:さまざまな媒体がある中、現実世界で好きな人を見つけるよりアニメのキャラクターや、芸能人、声優などを好きでいたほうが楽という人も多くいました。


④ネットでデメリットばかり書いてあるから:ネットやSNSですぐに調べることができるので、聞きたくない情報も勝手に頭に入ってくるのが、今の時代。で、その情報のなかに恋愛のデメリットが書いてあるのを見てしまい、恋愛したくなくなるのだとか。


■アプリでのやりとりに疲れぎみ!?

他にも今の時代だからこその、こんな理由もありました。コロナ禍ということもあり、出会いはSNSやアプリが主流になってきている今、そのアプリとやらのやりとりで疲れてしまうというのです。そう、マッチングが成功するのは、1人だけとは限らないからです。

常に何人かとやりとりをして、実際に会って…というのが、本当に疲れてしまうそう。そう考えると、アプリのやりすぎは注意!

もっと言うと、出会いというのは、求めるものではないのかもしれません。恋人も、数字でできている。

・合わせて読みたい→あなたは恋愛依存体質? 診断テストで特徴と対処法をチェック

(取材・文/タレント・中村愛

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年12月11日~2020年12月18日
対象:全国10代~60代の交際経験がある男女2,417名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)