鼻ピアスを開けた1ヶ月半後に吐血した女性 劇症B型肝炎で緊急の肝臓移植に

オシャレのためのピアスでも、病気になってしまったら本末転倒。信頼のおける皮膚科で穴を開けてもらう、という人はやはり多い。

2021/03/14 12:30


 

■劇的B型肝炎で移植手術

その後、脳浮腫や様々な合併症に見舞われ、意識が薄れて昏睡状態に陥ったスミスさん。昏睡状態から目覚めると、主治医のテパーマン博士から「命を救うための移植手術が行われた。あなたの肝臓は新しい肝臓です」と告げられた。

瀕死の状態だった彼女は、米国内の臓器調達および移植ネットワークを管理する『United Network for Organ Sharing』に「5日以内の移植が必要」という最も急を要する患者リストのトップに名を載せられ、35歳で亡くなった女性から肝臓を譲り受けられることに。1月17日に移植手術が成功した。


関連記事:モスバーガー 3月12日の記念日に行くともらえる「特別なモノ」

 

■ピアスの穴は臭い?

しらべぇ編集部が全国20〜60代のピアスを開けている男女263名を調査したところ、「ピアスの穴が臭くなったことがある」と答えた人は全体の51.0%だった。

ピアスの穴が臭くなった経験者の割合

質の悪い金属でかぶれたり、金属アレルギーを発症したりと、トラブルの話はとても多い。定期的にピアスの穴を消毒するなど、日頃のケアが大切だ。

なお、B型肝炎ウイルスは血液、精液、体液などを通じて感染するが、施術の器具を使い回すタトゥーやピアスの穴開けにも感染リスクが伴う。

米・疾病予防管理センター(CDC)は「予防のため、誰もがワクチン接種を」と呼びかけを続けている。

・合わせて読みたい→森咲智美、YouTubeが過激すぎて収益BANに? 「削除しようと思います」

(文/しらべぇ編集部・桜田 ルイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代のピアスを開けている男女263名(有効回答数)

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

腹痛肝臓ワクチンピアス肝炎移植手術翻訳記事鼻ピアスピアッサーB型肝炎
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング