14歳少年と1年交際の末に妊娠 23歳女が重い性的暴行罪で起訴へ

9歳年上の女性と、1年間も交際していた14歳の少年。苦痛を感じながらも拒否できなかったのか。それとも幸せを感じていたのか。

2021/03/14 05:00

妊娠・妊婦
(Motortion/Photodisc/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

米国・アーカンソー州で、20代の女が男子中学生に対する性的暴行の容疑で起訴された。少年の年齢と性の目覚めのアンバランスさに波紋が広がっていること、裁判の行方に注目が集まっていることなどを『KAIT8』『News18』ほかが報じている。



 

 

■電話で匿名の密告

米国・アーカンソー州グリーン郡のパラグールドで今月1日、ブリトニー・グレイという23歳の女が未成年者に対する性的暴行の容疑で起訴された。

昨年2月と9月に「14歳の少年が年上の女性から性的虐待・暴行を受けているようだ」という匿名での密告があり、警察の捜査が始まったという。


関連記事:14歳少年と関係を持った30代女性 Facebookへの嘘の登録で無罪に

 

■通院は少年も一緒に

捜査の末、警察はグレイを未成年者に対する性的虐待・暴行の容疑で逮捕したが、なんと妊娠していた。赤ちゃんの父親について問い詰めたところ、グレイ容疑者は14歳の少年の名を挙げたという。

産科医に事実を確認したところ妊娠は間違いなく、病院の入口に設置されている防犯カメラには、通院に付き添う献身的な少年の姿が映っていた。ふたりがどのように知り合い、関係を深めていったのかなど、厳しい事情聴取が続いている。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■男女の関係は1年前から
未成年中学生アメリカ妊娠交際少年性的暴行年上女性性的虐待翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング