女性客に渡された「夫のDVから救って」のメモ 銀行員の巧みな対応に称賛

問題のあるメモを受け取った窓口の銀行員は、何としても警察に動いてもらうため、コネを持つ親しい友人に相談した。

社会

2021/03/15 08:30

銀行・窓口
(fotofrog/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

ブラジルで先週、ある銀行の支店を訪れた女性が、窓口の女性に無言でそっとメモを渡した。その小さな紙からは、彼女が家庭内暴力の被害者であることが、すぐに分かったという。英国のメディア『The Sun』『EMINETRA』などが報じている。



 

■小さな声で「ここに住所を」

その話題は、ブラジル・バイーア州のソブラジーニョ市から伝えられた。ある銀行を訪れた女性客が、ATMの利用明細書にボールペンで「夫の家庭内暴力に苦しんでいます。通報し、助けてください」と走り書きをして、窓口に差し出した。

受け取った行員は白い紙を差し出し、小さな声で「住所のご記入を」と求めたという。


関連記事:パンサー尾形、妻へのモラハラDVをついに反省 「愛じゃないのかもしれない」

 

■限界まで耐える被害者たち

女性は27歳。支店の外では彼女が戻ってくるのを夫が待っていた。助けを求めた小さなメモは、躊躇して一度は破棄しようと思ったのか、それとも不安で強く握りしめていたのか、くしゃくしゃだった。

DVの加害者は感情の爆発を家庭内にとどめていることが多く、外面が良くて取り繕いが上手だったりする。そのため、DVと孤独に闘っている被害者も少なくない。

次ページ
■行員はコネを使って警察に…

この記事の画像(2枚)