スガシカオ、「Real Face」の制作秘話を語る 作曲のB’z松本とは会わないまま…

B'z・松本孝弘との共作で、KAT-TUNのデビュー曲「Real Face」をいきなりミリオンヒットさせたスガシカオ。しかし意外にも、松本の面識ができたのは2年ほど前とのことで…

エンタメ

2021/03/15 00:10

スガシカオ
(写真提供:JP News)

シンガーソングライター・スガシカオがパーソナリティを務めるラジオ『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』(J-WAVE)の14日放送回に、KAT-TUNの亀梨和也がゲスト出演。スガが作詞を務めた同グループのデビュー曲『Real Face』の制作秘話が、スガの口から語られた。



 

■作曲・松本孝弘との面識は…

同楽曲がリリースされたのは、ちょうど15年前の3月。作詞はスガ、作曲はB’zの松本孝弘という豪華コラボで、スガは当時のことを「俺、デビュー曲をB’zの松本さんと一緒に作らせてもらって」と振り返り始めた。

スガの口からは、「松本さん会ったことなかったんだよ」と、制作当時には面識がなかったという意外な告白が。亀梨が「えぇー!?」と驚くと、さらに「(松本の)弟さんとはバンド組んでたんだけどね」という驚きの過去も明かされていく。


関連記事:KAT−TUN・亀梨、正月休みにアニメをイッキ見 「『鬼滅』と『約ネバ』は全部見た」

 

■KAT-TUNファンの女将が仲介

「弟さんとはめっちゃ会ってたんだよ! でも松本さんとはお会いしたことなくて」と続けると、スガはさらに「おととしぐらいかな? 海外旅行に行ったときに、日本人がよく来る日本食レストランがあって。そこで飯食ってたんだけど…」と語る。

そして、仲が良い同店の女将がKAT-TUNの大ファンであり、あるとき、食事の際「スガさん、KAT-TUNで松本さんとご一緒されてますよね? 今日、松本さんいらっしゃるんでご紹介しましょうか?」と、仲介を持ちかけられたと告白した。


■10年以上を経て海外で対面

これにより、スガは松本の席へ行き「今度ご一緒しましょう!」などと挨拶。10年以上のときを経て、念願の対面がようやく叶ったと振り返っていった。

海外で初対面を果たすという展開に、亀梨は「かっこいいですね」と感激し、「じゃあもう、制作の中でのやりとりしかなくて?」と質問。スガは「そう。(制作での)やりとりしかなくて…」と認め、意外にも、直接の対面は長年なかったことがわかっていった。

・合わせて読みたい→KAT−TUN・亀梨和也、スマホの文字入力が苦手? フリック入力は「ほんとダメ」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太